>

フィクションのお話?探偵事務所

この記事をシェアする

主な業務は調査

一般の方にもよく知られている業務は、浮気調査や人探しなどの調査業務です。調査内容は多岐にわたり、必要な技術や知識は多く必要になってきます。中でも不倫や浮気関係の調査が、調査業務の6~7割を占めると言われ、メジャーな依頼内容となっています。その他に、「お見合い相手の素行を知りたい」というもの、「雇用する予定の人材の経歴を知りたい」というものもあります。
探偵事務所によっては、全ての依頼を同じようにこなす調査員がいれば、特定の依頼だけをこなす調査員もいます。
調査業務を行うのと同時に、報告書の作成をします。これは依頼者へ調査結果を報告するために行います。また、宣伝や広告などの広報に関する業務や、調査に使う機材の点検業務もあります。

こんなことも!?相談業務

電話やメールで、依頼者からの相談を受け付けます。債務債権関係の相談や、法律関連の相談を受けることがあるので、出来る限り法律関係の知識を知っていることが重要ですね。
また、いろいろな意味で危険な業務に「別れさせ工作」というものがあります。言葉通り現在の恋人と別れるための工作を行うものですが、トラブルが発生する頻度が高く、傷害事件に発生することもあります。

日本の探偵はあくまでも民間企業の一つなので、業務のほとんどは民事関係の仕事です。つまり、警察や警備会社が対応できない、もしくはしてくれない分野の仕事を補うサービスと言えます。犯罪に関わるような仕事は、ストーカー行為や不審人物の調査、職場や学校、家庭での虐待やいじめの調査がほとんどです。


トップへもどる